新しいCSRのかたちCSR

「Life Support Concierge(ライフサポートコンシェルジュ)」プロジェクトでは生活に必要なライフラインである通信回線をご契約いただいたお客様に、 障害のある人がアート活動を通じた仕事化を目指す「たんぽぽの家アートセンターHANA」よりノベルティを提供させていただいております。

このノベルティを通じて障害のある人の生活を守る手助けとなります。

インターネット回線というライフラインから障害のある人のライフラインへ

提携業者さまとの取組み

インターネットコンシェルジュ(株式会社ソフィア)を通じて通信回線をお申込み頂いた方に、開設記念品としてたんぽぽの家アートセンターHANAのアートグッズをプレゼントする取り組み。 2011年7月からHANAショップでノベルティを発送。現在までに総数3,937件のノベルティをお届け。

支援先

「たんぽぽの家」アートセンターHANA

組織の概要と仕組みみんなが同じ生を受け、みんなに違う生き方がある。障害のある人たちの生きる場づくりから、個を支えあう新しいコミュニティづくりへ。
たんぽぽの家は、自分らしく生きたいという個人の願いを‘共感’という方法でとらえるところから生まれきた市民活動です。「やさしさ」を活動の基調とし、たくさんの思考錯誤と多くの人たちのつながりを通して、文化と夢のある社会づくりに取り組んでいます。 たんぽぽの家の活動は、財団法人たんぽぽの家、社会福祉法人わたぼうしの会、奈良たんぽぽの会、の3つの組織で構成されています。

お客さまにお届けするノベルティーは、
「たんぽぽの家」のライフラインの1つ

かけがえのないものをかけがえのない人に届けることをコンセプトにたんぽぽの家ではそれぞれがデザインした携帯ストラップやマフラー等個性的なグッズを制作しています。1つひとつ思いのつまったノベルティを贈り物としてプレゼントさせていただいております。 また封入れ、同封されたメッセージに書かれた宛名書きも 「たんぽぽの家アートセンターHANA」の仕事ととなっています。

参加方法

通信の案内係、インターネットコンシェルジュをご利用して頂くお客様は90%以上不動産、管理会社、従業員の多い大手企業様からの紹介です。残りの10%はWEBサイトです。 その取引先様(不動産業者)から顧客の紹介(仕事)を頂き、ソフィアでお申込頂いたお客様に、感謝の気持ちを形で変えてお届けする仕組みになっております。 この仕組みに共感出来る方は是非ご連絡ください。